期日 : 2月21(月)~27(土)

1. 安全教育 教育方針(国土交通省告示第1366号)

トラック輸送の社会的重要性

  管理者から一言

配送中、他社ドライバーとの間でまれに発生する揉め事について → フォーユードライバーは、相手がムキになっていても、絶対に冷静さを失わず、節度を持った行動をとる事。

3.車両不具合に対しての社内ルールについて

・曖昧さを回避するため、車両管理リーダーを決めて、車両担当者が毎日作成している「運行業務点検表」を別表で共有し、互いの連携のもと、車両の修繕・部品交換等を行う。

・今月はクラッチ交換を2台、ダイナモの交換を1台行ったが、今までのようなエンジンの交換などの大規模な修理を抑える事が出来た。法定速度内での走行を全社的に徹底した効果が表れた。

4.乗務員 個々確認事項

・今日現在の自動車運転免許証の点数の確認 → 今後の運行に関して会社の社会的責任の範疇を確認しておきたい。

・乗務前日の飲酒は最小限にする事。当事務所の検査でアルコールが検出された場合、飲酒運転にて出勤した事になり、会社は業務停止命令を受ける可能性がある。

・デジタコでの速度管理の徹底と検証会議、表彰の実施を周知。

・ドラレコで車間距離の検証を行う(神奈川県下の事故原因は”追突事故”がワースト1)。

 

5. 配送コース 新・廃について

 飲食店向け配送4コース終了

新 3月中旬より外食大手企業店舗への配送4コース開始