「明日の朝7時までに何とかならないか!」

悲鳴にも似たお客様の声がこの僅か1ケースの荷物の重要さを物語っていました。 そしてそれからわずか15分後、夜8時、たった1ケースの荷物を載せた小さなトラックが、横浜から青森に向けて出発します。

バトンは託され、
小さなトラックは最後の砦となった

「いやー、昨日は気が気じゃなかったよ。本当に助かったよ。どうも有難う!」仕事を終えた時、お客様から 心からの感謝の言葉がありました。それは、その時の苦労が全て吹き飛んで喜びに変わった瞬間でした。 同時に運送業とは、時にお客様に代わって命がけで荷物をお届けするという、崇高な使命を持つ仕事だという事に気づいた瞬間でもありました。

創業当時のこの出来事は株式会社フォーユー精神の原点であります。
どんなに時が流れても、私たちはその精神を大切にして仕事に取り組んで参ります。